めきちゃんの革細工  レザークラフト

新しいKITを毎日考えています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザークラフト  ペンスタンド 今回で完成!!

底の固定

底と本体をボンドで固定します。

白ボンド(水性)を付け乾燥するのを待ちましょう。(この時のボンドは多めで良いです)

補強用革レース   CIMG0026-1.jpg   こだわりの部分
本体の乾燥を待つ事30分  外側にも補強用のレースをボンドで固定して行きます。

矢印部分は可塑性を応用してます。
              
ボンドの量ははみ出る位付け、濡れタオルではみ出た所をふき取ります。早めに


完成

乾燥を待てば完成です。
ペンスタンドはもちろんリモコンスタンド&めがねスタンドと応用が出来ますね!

フィットテクニックに今回はシェイプパンチを使いました。
シェイプパンチはMEXICOのHPからご覧になれます。  こちらから
スポンサーサイト

レザークラフト 本体&底を白ボンドで付けます。

本体をボンドで止め、クリップで固定して置きましょう。

本体を止める



底    ディバイダー   カット   

底になる革に合わせて見る   ディバイダーを使いカット位置決めカットします。

コバを整える

カットが出来ましたらコバヤスリとヘリ磨き棒でコバを整えましょう。

ヤスリ&ヘリ磨き棒&シェイプパンチはMEXICOのHPでご覧になれます。
 こちらから

レザークラフト  シェイプパンチ(勾玉)を使います。

プレーンですと、やっぱり淋しいですよね! フィットテクの(埋め込む)紹介します。

型紙にデザイン 革に写す シェイプパンチ(勾玉) 穴開け
型紙にデザインしましょう  革に写しましょう   パンチで素材を作りましょう  

本体にも       

本体の穴に白ボンド(木工用でも)を付け革を埋めて行きますがボンドがはみ出ます。

出来るだけ早く濡れタオルでボンドをふき取りましょう 

フィットテクニック    CIMG0043-1.jpg    補強 補強の革を貼り輪ゴムで
                                                      固定してます。
何か ???           間にしずくをプラス・・少し可愛くなりました。




レザークラフト 素材をカットし補強パーツを準備

素材のカットが出来ました。

P1080895-1.jpg

予め、補強パーツとして約1cm巾で長さ20.5cmを1本カットし、サイドを別たちで斜めに剥いておきます。

もう1本も約1cm巾で長さは25cmも準備しましょう。

この時の補強パーツは素材が違っても良いですよ。厚みは欲しいかな?

別たち使用    補強する 

補強パーツは底になる部分の裏にボンドで仮止めして置きます。

※この時に注意する事はカーブをさせ貼る事です!!

レザークラフト ペンスタンド 型紙カット

型紙    P1080890-1.jpg    素材     型を写す

型紙を作りましょう。   エンドを少々変更して見ました。  素材をチョイス(¥450でした) 型紙を写します。

型紙サイズはW23×H14cm(今回の端材で2個は作れそうです。)曲線はフリーハンド(鉛筆がオススメ)


次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。