めきちゃんの革細工  レザークラフト

新しいKITを毎日考えています!

ベルトホルダー オープンホック付け

    完成  
ベルトホルダー 完成

バネの特徴


ここでメスホックをコンチョで止めいよいよ完成 
写真をよくご覧下さい。
ホックが一般のと少し違うのにきずくと思います。
オープンホックの特徴です。

コンチョはお好みですョ 後はコバをしっかり磨いて完成とします。
次は何を紹介できるか楽しみにそれでは・・・・・

レザークラフト ベルトホルダー オープンホック使用

ゲンコの特徴 



早いもので7月に入りましたネ 
ホルダーもホックを付ける所まできました。

お好みのナスカンを通しホックで止めますが、ナスカンは革の巾に合う物を使いましょう。

ナスカンの代わりにDカンにしても  

今回使用のホックはオープンホック 特徴は
一方向からしか外れないホックを使います。


より安全に使えるホック
 
特殊ホックはMEXICOのHPでご覧になれます。こちらを

レザークラフト ベルトホルダー縫い終わりました。

ベルトホルダー
縫い終わりました。革を張り合わせる時、二枚の革に少しカーブを付け張り合わせた事、覚えていますか?
次はコバ(切り口)を綺麗に仕上げます。今日はここまでで~ス。では・・・・

ベルトホルダー

ベルトホルダー
今日はホルダー(本体)に穴が開き、手縫い開始で~ス糸目がきれいに出るかがポイント!今回使う糸はシニュー糸です。ここでシニュー糸について説明します。古来糸を作るのに動物の腱を利用された時代の名残で、今は化繊で出来ています。糸に縒りが無いのが特徴で、目的により細く割く事が出来縒りを付けながら縫います。特徴は縫い易く丈夫な事!

ベルトホルダー

ベルトホルダー
今日は天候が不順!ただ今豪雨に突入!午後5時で~ス。
いよいよ穴あけの作業に入りますここも神経使う所、ヒシ目打ち2本目でカーブは開けて行き直線は4本目が能率アップ ここでチェックポイント!ヒシ目打ちを真っ直ぐ打ち込みます。
次のページ

まとめ