めきちゃんの革細工  レザークラフト

新しいKITを毎日考えています!

レザークラフト キーケース 作り方 三つ折タイプ完成です。

完成ですよ! 完成です。

コンチョにホックを付けて出来上がりですね。まずメスホックにコンチョを付けてからオスホックの位置を

決める事をお勧めします。その時はキーを付けてからが最適 

今回使用しましたコンチョはMEXICOのHPでご覧になれます。こちらで

タイプは違いますが作り方の動画もご覧になれます。

 こちらから

ホルダーパーツ取り付け

パーツの位置を決めます。丸い穴が2箇所有り、そこに目印を付けハトメ抜き(8号サイズ)で穴を開け、小カシメをセットし、カシメます。
ハトメ抜きは こちらでご覧になれます。位置決め

革が薄い時は外側の革と内側の革の2枚をカシメるのをお勧めします。

カシメ止め
カシメはオスを内側から入れ、メスを外側にセットし、カシ目打ちで打ち込みます。その時にホルダーの膨らんでる部分を傷めないように打ちましょう。

パーツを痛めない

カシメ打ちは こちらでご覧になれます。

カットと穴あけになります。

カット
カーブが有ります。丁寧にカットしましょう。

カット左右カット 頑張りますカットが出来ました。 カット完了

外パーツの穴に合わせ穴を開けて行きましょう。

穴あけ
穴あけ

穴が開きましたら手縫いをしましょう。

キーホルダーパーツ 次はキーホルダーのパーツの付け方を紹介します。

ホルダーの種類も色々あります。
THE・MEXICOのHPでご覧になれます. こちらを

少しアールを付けて左右を貼ります。

中央が貼れて次は左右になります。ここで前回、説明した折り曲げる部分は緩いカーブ(アール)を付けて貼り合わせます。はみ出た所はボンドが乾いてからカットします。
アールを付けて

右側はあらかじめカーブを作り、目印を付けてからボンド付け貼り合わせましょう。


アールを付けて


-1.jpg   仮止めが出来ました。
アールが付いてます。
アールが付いていますよ。ボンドが乾きましたら伸ばし、外パーツに合わせカット、ここが  どころ

外パーツの穴あけです。

張り合せる前に  は外パーツに先に穴を開ける場合が多いです。
なぜかって・・・・それは中パーツを付けてからよりは外パーツに綺麗に穴が開けれますよ。
中パーツはボンドで仮止めが出来てから、外パーツの穴目に合わせて開けていきます。2度手間ですがです。
外パーツ穴あけ

10本菱目打ちが有ると能率が良いですよ  

10目菱目打ち

カーブで2本菱目打ちを使います。         最後の目合わせに1本目を使います。
2本菱目打ち                  1本菱目打ち

                
次のページ

FC2Ad

まとめ